現在、主業務として道路使用許可や道路占用許可を行ってますが、今年の夏から、家系図作成や帰化許可申請の依頼が続き、投稿を疎かにしていました。

家系図は、依頼者の父母、祖父母など直系尊属の方を戸籍によって確認し、家系図にしています。最近、ホームヒストリーなどと家族のルーツを調べるのが人気になっており、多くの皆さんが自分のルーツに興味を持っておられるようです。

当事務所では、戸籍によって遡れるだけ確認しており、一番古い時代の方は「文化文政生まれ」の方まで確認しております。但し、戸籍の保存期間は法律によって定められていますが、地方自治体によって回答基準がまちまちであり、京都市は昭和2年までに亡くなった方は回答しないことから、遡れても江戸後期生まれで長生きされた方までが精一杯と、制限があるところもあります。しかし、滋賀県内は、ほとんどが一番古い明治19年作成の除籍謄本まで回答するため、うまくいけば依頼者の6代、7代前のご先祖まで確認できます。

色々な業務をやっておりますが、今後も、道路使用許可、占用許可の行政書士として業務を行いますので、よろしくお願いいたします。